一番効果的な頻度は?小顔エステに通う際に気を付けたい事

近年女性に大人気の小顔エステですが、みんなどれぐらい通ってるの?また、結婚式などのイベント前でも行っても大丈夫なの?

今回はそんな疑問をもとに小顔エステに通う頻度やタイミングなど、通う際に気を付けたい注意点をまとめてみました。

小顔エステでエステサロンへ通う頻度

エステサロンでのフェイシャルは、お肌をきれいにして、若々しい素肌を維持するのにも役立ちます。たるみが気になる人にはリフトアップコースもありますし、根強い人気としては小顔エステもあります。

フェイシャルマッサージを受けても、効果が永遠に続くわけではなく、定期的なメンテナンスが必要になります。エステで受けたケアの良さを、できるだけ持続するためには、自宅でもセルフケアもカギとなってきます。それでも、サロンでの定期的なフェイシャルエステを受けながら、維持をしていくのが良い方法です。

小顔エステの場合、個人差はありますし絶対ということはありませんが、元の状態に戻る前にサロンでお手入れをするのが良いです。エステの内容にもよりますが、頻度としては2週間に1回ペースであれば、通うのにも大きな負担にはならないものです。

外科で行う整形ではないので、サロンでのケアも定期的なメンテナンスは、どうしても必要です。中には、最初だけ週に2回はサロンでの施術を受けて、そのあとは2週間から3週間に1度のペースで通うのも、勧めてくれるところもあります。小顔エステにも施術の方法がありますから、通うエステサロンで相談するのが良いです。

美白ケアも出来る小顔エステに行きたいときは

芸能人のサイン会などに行くと、あまりにも顔が小さくて驚くようなことがありますが、それに比べると、自分は大きいので恥ずかしいと、悩んでいる方もあるでしょうね。

年齢を重ねると、お肌の中の美容成分が減ってしまうので、余計にたるみがちになり、その分、大きく見られることもあるので、もっと引き締まった肌の小顔になりたいと思うなら、サロンで小顔エステを受けるようにしましょう。

美容外科へ行っても、小顔になるための施術を受けることは出来ますが、注射をしたり、顔をメスで切ったりしなければならないので、そこまでは怖いのでしたくないという方もあるでしょう。サロンに任せれば、注射もメスも使わない小顔エステが受けられるので、気軽に通うことが出来ます。

エステティシャンの巧みなハンドマッサージを受けると、たるみがちだった肌が引き締まり、血流が良くなることで、新陳代謝をアップさせられます。するとお肌の再生機能も活発化するので、肌は内側からハリを取り戻し、たるみのない小顔になれます。

マッサージの際には、たっぷりの美容成分が入ったローションも使うので、くすみがちな肌を白く、透明感のある美肌に導くことも可能です。小顔エステを行うと、同時に美白ケアも出来るので、これから行くつもりがある方は、出来るだけ評判の良いサロンを選ぶようにしましょう。

結婚式の前には小顔エステ!

女性にとっての晴れ舞台である結婚式。たくさんの人に注目されますので、ブライダルエステで美しさに磨きをかけておきたいですよね。おすすめなのが小顔エステです。きらびやかなウエディングドレスに負けないよう、特別なケアをしておきましょう。小顔エステは、リンパマッサージなどで顔をスッキリさせることができます。老廃物が溜まっていると、むくみや肌荒れの原因となり顔色や印象を悪くしてしまいます。自己流のマッサージでは、肌を刺激しすぎてしまい逆に肌荒れを引き起こしてしまう場合もあり、注意が必要です。顔の皮膚はデリケートですので、特別な訓練と肌に良いジェルが欠かせないのです。小顔エステを受けることで顔は小さくなりますが、嬉しい効果はそれだけではありません。リンパの流れや血流が整うことで、肌の調子が良くなるばかりか化粧品の美容成分も浸透しやすくなります。ターンオーバーが活発になると、肌トラブルにも強くなるでしょう。高価な化粧品や特別な美容成分に頼らずとも、肌が自ら美しくあろうとする力を引き出してくれるというわけです。もちろん、一度の施術ではなく数回にわたる継続的な施術が有効です。特別な日のために、小顔エステで美しく変身しましょう。

小顔エステは生理中は避けた方が安心です

生理が始まると、女性の体はホルモンバランスが不安定になってきます。体調が優れないばかりか気持ちが沈みがちになり、心身共に安定しない時間が続くことになりますから、その間は極力体をいたわりながら過ごすのがベストなのです。

そのため、エステサロンを利用することや小顔エステを受けることなどを避けた方が安心です。自分が思っている以上に肌がデリケートな状態になっており、少しの刺激にも敏感に反応してしまうことが多いからです。普段は大丈夫な施術だとしても、生理中はホルモンの影響で痛みを強く感じたり、効果のあるエステでもあまり結果が出ないこともあり得ます。

また、小顔エステで使用する化粧品に対し、肌が必要以上に反応して赤みなどのトラブルを引き起こす可能性もあります。こういったことはほんの一例ですし、生理中の人が必ずしも現れる症状とも限りません。

しかし、肌が荒れていたりニキビができやすかったりして、あまりいい状態とは言えないことは確かですので、肌を守る意味も込めてこの期間だけはエステの利用を避けるのが賢明だと言えます。とはいえエステによっては、敏感になっている肌を施術によって改善していくというところもありますので、利用している場所がどのようなスタンスなのかを確認しておくことも大切です。

妊娠中に小顔エステを受けるための注意点

パートナーの妊娠をきっかけに結婚する授かり婚が年々増加しています。妊娠していても結婚式を挙げるカップルも多くなり、式場もマタニティプランを用意しているほどです。新婦としては体調や体系に気を使ってもらえてうれしいですが、ブライダルエステをどうするか悩むところです。

体のラインをきれいに見せるためのエステは妊娠していると難しいかもしれませんが、小顔エステくらいでしたら施術可能な場合があります。ボディへのトリートメントやマッサージは、うつぶせになることもあるのでお腹の大きい妊婦にはできない施術になりますが、小顔エステなら仰向けになった状態で施術してもらえるので安心して受けることが出来ます。

しかし、いくつかの注意点もあります。顔部分は妊娠と関係ないように思うかもしれませんが、施術方法によっては注意が必要です。血行を良くするハンドマッサージや、小顔効果があるトリートメントもありますが、超音波を使用して美白ケアを目的としたトリートメントがあります。

このような超音波などを使う施術は、胎児への影響を考慮して妊娠中は控えるようにしましょう。エステティシャンによるハンドマッサージならば、それだけでも十分な効果を得ることが出来ます。また、最も流産のリスクが高い妊娠初期は絶対に避けましょう。

小顔エステを受けることに慣れていない場合、それが精神的なストレスになってしまう場合もあります。胎児に影響を与えないために、普段と違うことは極力行わないようにしましょう。小顔エステは妊娠中でも大丈夫なので、安定してくる妊娠中期以降に施術してもらいましょう。